楽天カードで公共料金を超賢く支払う方法!意外にお得な使い方

 

楽天カードで公共料金を賢く支払いお得にポイントを貯めましょう!

 

楽天カードと言えば、顧客満足度ランキング4年連続No.1という、今大人気のクレジットカードですが、その魅力とは、年会費無料でありながら楽天市場でのポイントが2%という高還元率でつくことです。

 

さらに、楽天市場以外でも2倍の還元率(1%)でポイントが付きます。

 

なので公共料金も楽天カードでの支払いにしない手はありません。

 

公共料金とは通常、電気代、ガス代、携帯料金、インターネット、医療保険、新聞代等合わせると平均7万円前後になります。

 

つまり、1年で84万円!単純計算でも楽天ポイントが8,000円分貯まります!

 

 

さらにこんなメリットが!

 

楽天の最上位クラス「ダイアモンド会員」へグレードアップ

 

公共料金を楽天カード払いにすればダイアモンド会員の条件を余裕でクリアできます。

 

なので毎月100Pキャッシュバック、優待セール・シークレットセールへの招待、毎月50000Pが当たる(外れても70Pもらえる)「ボーナス福引」への参加など、さらにポイントが貯まります。

 

楽天カード会員限定のキャンペーンにエントリーするだけでポイントゲット

 

楽天カード会員専用サイト「楽天e-NAVI」内のキャンペーンで最もポイントが取得できるのが「キャンペーン期間中に、楽天カードでカードショッピングを行った方にポイントプレゼント」というものです。

 

「ショッピングが条件」ですが、公共料金の支払いにも適用されます。

 

つまり、わざわざカードを使わなくても、エントリーすれば自動的にポイントがゲットできます。

 

楽天ポイントなら楽天市場のトップページでいつでも確認、即還元!

 

せっかく高還元率でポイントを貯めても、還元の申し込み手続きが必要だったりすると、使わずムダになってしまいます。

 

楽天カードなら、貯まったポイントをいつでも楽天市場のトップページで確認でき、その場で使うことができます。

 

年1回でも利用すればポイントは永久不滅。もちろんカードの年会費も無料です。

 

 

↓↓楽天カードキャンペーン!今入会するとポイントプレゼント中!↓↓

 

 

 

ポイントでWEBマネーを購入したり、音楽、アプリ、アプリゲームの宝石、動画視聴もできる!

 

光熱費の支払い、携帯支払いも可能!

 

実質マイルも貯まります!

 

 

楽天カードはポイントが貯まりやすい理由とは!?

 

  • JCB・Mastercard・VISAならどこでも100円=1ポイント貯まる!
  • 楽天市場や楽天グループでの買い物はいつでもポイント2倍!
  • 街の楽天ダイニング加盟店ならポイント2倍!(レストラン・居酒屋・カラオケなど)
  • 街のポイント加盟店ならポイント3倍!(ガソリンスタンド・エステ・紳士服など)
  • 楽天Edyを使うと200円=1ポイント貯まる!
  • ETCカードを使うと通行料金100円=1ポイント貯まる!
  • 月2回ポイント最大10倍キャンペーン実施中!
  • 楽天カード入会後も楽天e−NAVIでお得なキャンペーン実施中!
  • 三大あんしん機能でセキュリティー面も安心

 

 

>>楽天カードのポイントプレゼントキャンペーンはこちら!<<

 

 

 

 

 

最近、楽天カードを契約するという方が増えてきました。

 

楽天カードはその名前の通り楽天が発行するクレジットカードで、その最大の特徴はなんといっても楽天スーパーポイントがお得に貯まるということです。

 

楽天市場で楽天カードを使って買い物をすると通常貯まるのは1%分に加えて、3%分が追加され、なんと4%分もポイントが貯まるのです。

 

しかも、毎月一回以上楽天市場のスマートフォンアプリで買い物すると、その月の全ての楽天市場からの買い物で貯まるポイントがさらに1%付与されるので、計5%ものポイントが付与されるのです。

 

これは、普段から楽天市場で買い物するという方にとってはかなり魅力的だと言えるでしょう。

 

しかし、実はこれだけで満足しているのはもったいないと言えるのです。

 

楽天カードで公共料金の支払いを行うようにすれば、より楽天スーパーポイントを多く貯めることができます。

 

方法は簡単です。

 

光熱費や電話、インターネットなどの通信費の支払をクレジットカード払いにして楽天カードを指定するだけとなります。

 

これだけで、公共料金の支払いでも1%のポイントが貯まっていくのです。

 

ここで、1%では楽天市場での買い物で貯まる最大5%のポイントよりも少ないのでは、と疑問に思う方も多いかもしれません。

 

ただ、公共料金の支払いは毎月発生するものです。

 

しかも、家族構成にもよりますが、光熱費や通信費を全て合わせれば3万円から5万円となることもあります。

 

例えば毎月3万円だとしても、貯まるポイントは300ポイントです。

 

年間にすれば3600ポイントとかなりのものとなってきます。

 

これはかなり大きいものと言えるのではないでしょうか。

 

楽天カードを持っているのなら、公共料金もカード払いにしてお得にポイントを貯めるのがおすすめ、というわけです。